最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。

「スマホを落としただけなのに」なりすまし宅配SMSは危険!これをやってはいけない!

 「スマホを落としただけなのに」2018年公開の北川景子主演、田中圭、成田凌、高橋メアリージュンが出ている映画です。
 映画自体、そうくる???というストーリーで、最後まで一気に見てしまうこと請け合いです。
 でもこの映画、それだけではありません。
 この映画を見るとある恐ろしい事実に気づかされます。
 それはスマホからどれだけ簡単に個人情報が流出してしまうかということと、そこからいとも簡単に犯罪につなげられるという事実です。
 実は昨今、そうした事象が爆発的に増えていきそうな兆候があるのです。
 それは「なりすまし宅配SMS」です。
 「スマホを落としただけなのに」と「なりすまし宅配SMS」の間にどのような関連性があるのでしょうか。

映画「スマホを落としただけなのに」とは

 ネタ晴らしをしたら面白くないのであらすじのみ。
 北川景子扮する主人公の田中圭演じる恋人がタクシーでスマホを落としてしまいます。
 そのスマホを拾った犯人にスマホを乗っ取られたことから、恐ろしい犯罪に巻き込まれていくというストーリーです。
 このストーリーの一番の見所は随所に隠れる主人公のおかしな行動ではあるのですが、恐ろしいのはスマホの乗っ取りです。
 犯人は拾ったスマホにかかってきた恋人の電話から、恋人の名前と電話番号を入手。
 そこからSNS(現実に言えば「FaceBook」みたいなもの)を利用して、個人情報を入手。
 名前と公開されていた誕生日からスマホのロックを解除し、中身をコピー。
 SNSを使って友人申請をして近づいていきます。
 ある程度仲良くなったところで、相手の趣味嗜好から手に入れたいけれど手に入りにくいものを持っていると持ち掛け、偽のショッピングサイトのようなものに誘導してクレジットカード情報を入手。
 入手したクレジットカード情報をつかって、高価なものを購入し転売することで金を入手するのです。

本当に怖いのは「個人情報流出」

 クレジットカード情報を盗まれることはそこまで恐ろしくありません。
 犯罪とわかればクレジットカード会社が保障してくれるからです。
 しかし、本当に怖いの「個人情報流出」です。
 この映画を見ていて怖いと思ったのは「電話がかかってきたときにかかってきた番号と名前がばれてしまう」ということです。
 これだけで「名前」「携帯の電話番号」という情報が犯罪者の手にわかってしまう可能性があります。
 昨今、「名前」と「電話番号」だけでは本人確認は完了しないこともありますが、インターネットで検索されて個人を特定されてしまえば、そのあとは情報は芋づる式に抜き取られてしまいます。
 最近でも「写っている瞳に反射する風景から場所を特定」というニュースが流れ、そんなことで場所が特定されてしまうのかという激震が走りました。

宅配業者を装ったなりすまし宅配SMS

 ヤマト運輸による宅配ドライバーのサービス残業や、劣悪な労働環境というニュースが世間を賑わせました。
 それにより宅配業者はより効率的な宅配の方法を模索し始めています。
 そのひとつが、事前連絡でした。
 宅配業者の最も嫌がることは、「届けたのに不在で持ち帰る」ということです。
 事前にお届け先と連絡がつき、いる時間に宅配できれば、宅配業務は飛躍的に効果的になります。
 よって、宅配業者はあの手この手でお届け先と連絡をつけようとします。
 そのひとつがSMSです。
 大手の宅配業者ではユーザ登録をすることで、便利に配送・受け取りができたりしますし、そもそもショッピングサイトでは連絡先電話番号を入力していることもあります。
 なので宅配業者からのSMSが届くことにそれほど違和感がないというのが、この「なりすまし宅配SMS」の爆発的な広がりの理由です。

これが「なりすまし宅配SMS」だ

 この画面をご覧ください。
 これが実際に届いた「なりすまし宅配SMS」です。
※ここに表示されている電話番号は実際に「なりすまし宅配SMS」で送られてきた電話番号です。危険なので電話しないようにしてください。
 ここに表示されているURLにアクセスしても、ブラウザやスマホのセキュリティ設定がなされていたら次のような表示がでて安易にアクセスできないようになっています。
 知人はこれと似たSMSにアクセスしてしまい、表示されたサイトで電話番号を入力してくださいと出たため、入力したところ送られてくるSMSに届くパスワードを入力してくださいと言われ、届いたパスワードを入力したところで画面が固まって動かなくなりました。

なりすまし宅配SMSにアクセスすることによって生じるリスクは

■ 電話番号が拡散されてしまう
■ サイトにアクセスした時点で何らかのウイルスに感染した可能性がある
 となります。
 これ以外にもいろいろなバージョンがあるようですが、ここに書かれてあるURLにアクセスすると、個人情報の入力を求める画面が表示されることが多いようです。
 例えば、アクセスした先の画面で「名前」「住所」「電話番号」とお届け希望時間があたかも大手の宅配業者と似たようなサイトに表示されたら入力してしまうと思いませんか。
 もちろん、怪しいサイトは最近のブラウザのセキュリティによってアクセスできないことも多いのですが、そういう設定をしていない方もまだまだ世の中にはたくさんいらっしゃいます。
 そこで入力をしてしまい、個人情報を流出してしまったり、またはウイルスファイルをダウンロードしてスマホ自体を乗っ取る(正確にはスマホのアプリ)ということも考えられますので、少しでも怪しいと思ったら絶対にアクセスしてはいけません。

被害にあわないためにどうしたらいいか

 怪しいSMSにアクセスしないことはもちろんですが、やはり気付かずにアクセスしてしまうこともあるでしょう。
 そんなときのために、これだけは徹底してください。
・スマホのセキュリティアプリを使う
・名前や住所などの個人情報は不用意に記入しない
・SNSなどに名前、住所、生年月日等の個人情報を記載しない
・アプリで個人情報にアクセスするもの(電話帳や位置情報)は本当に必要か考えてから使う
 特に最後の「アプリで個人情報にアクセスするもの(電話帳や位置情報)は本当に必要か考えてから使う」は、少し前から爆発的に増えています。
 ゲームなのに電話帳にアクセスする必要あるのか疑問だし、位置情報も本当にそのアプリに必要か考えてから使いましょう。
 何でもかんでもOKボタンを押さないことが肝心です。

まとめ

■ 映画「スマホを落としただけなのに」とは
 ・2018年公開の北川景子主演、田中圭、成田凌、高橋メアリージュンが出ている映画
 ・クレジットカード番号を不正入手されてしまうリスクを描いている
■ 本当に怖いのは「個人情報流出」
 ・「電話番号」「名前」が漏洩してしまうことによって、個人が特定される
■ 宅配業者を装ったなりすまし宅配SMS
 ・宅配業者の効率化のための連絡手段としてSMSがよく使われるようになってきた
■ これが「なりすまし宅配SMS」だ
 ・「なりすまし宅配SMS」の1例
■ なりすまし宅配SMSにアクセスすることによって生じるリスクは
 ・電話番号が拡散されてしまう
 ・サイトにアクセスした時点で何らかのウイルスに感染した可能性がある
■ 被害にあわないためにどうしたらいいか
 ・スマホのセキュリティアプリを使う
 ・名前や住所などの個人情報は不用意に記入しない
 ・SNSなどに名前、住所、生年月日等の個人情報を記載しない
 ・アプリで個人情報にアクセスするもの(電話帳や位置情報)は本当に必要か考えてから使う

最後に

 映画「スマホを落としただけなのに」は、ストーリーとしても面白い映画でしたが、自身のスマホの使い方、SNSとの付き合い方をあらためて考えさせる内容でした。
 昨今の宅配SMSは便利さを利用した悪質な犯罪に使われる可能性があるということで、いままで以上に気をつけなければいけないということですね。
 とはいえ、スマホがない生活はもう考えられないという人もいるでしょう。
 そうした人も、便利さの裏側にある危険を認識し、スマホの使い方を勉強することをオススメします。
最新情報をチェックしよう!