WordPressテーマを「LionMedia」から「The THOR」に変更しました!

親子で体験 休日には「吹きガラス」体験をしよう! 小学生にも最適!

2019年1月9日記事更新

 

こんにちわ、かわうそです。

 

今回は、親子で休日に楽しむ体験イベントの紹介です。

 

[su_box title=”この記事を読んでほしい人” style=”glass” box_color=”#1e75d9″]・小学生高学年になってきたけど、たまには家族ででかけたい人
・家族みんなで体験ができるのがいい人
・モノづくりが好きな人
・(こんな人もOK)子供じゃなくて自分がモノづくりにチャレンジしたい人
[/su_box]

 

家族で楽しむ、もしくは一人でもモノづくりをしたい人にピッタリの体験イベント。

 

それは

 

「吹きガラス」

 

avatar

かわうそブラック

吹き矢?

 

違います。

 

ガラスでコップや花瓶を作ることです。

 

テレビなどで見たことある人も多いのではと思います。

 

そう、あの口でぷーっと膨らまして作るガラスの工芸です。

 

この吹きガラス、結構いろんなところで体験できるんです。

 

今回は、浜松・浜名湖湖畔でガラス工房「CLOVER」さんにお世話になりました。

ガラス工房クローバー

引用元:ガラス工房「CLOVER」公式ホームページ 2019年1月1日引用

 

アクセス:

東名高速道路 浜松西IC/三ヶ日ICより車で15分
店舗前と横に駐車スペース有

こちらは人気なので、予約をしていったほうがいいと思います。

(我々のあとにもすぐお客さんがきていましたし。。)

 

基本は、各回一組限定で、吹きガラス体験をさせてもらえます。

 

まず、吹きガラスで何を作るか決めます。

 

選べるのは「コップ」「花瓶」「お皿」のうちどれか。

 

30種類以上の色からお好きな組み合わせを選べます。
体験料金:お一人様2800円+税
対象年齢:4歳~
体験時間:お一人様30分×人数
作品受渡:後日発送(送料別途)又は後日来店受け取り
体験受付は10名様まで可能です。
※30分×人数のお時間がかかりますので、空床照会表で2時間の空きの場合は
上限が4名様になります。

 

ひとり2,800円で体験できちゃう!

 

しかも、自分で作ったガラス作品をもらえちゃうんです!!

 

これ相当お得ですよね!

 

 

ということで、かわうそは花瓶、コカワウソとかわうそ妻はコップを選択。

 

ガラスを熱する窯はこんな感じ。

ガラス窯

 

バーナーで高温に熱している窯は、この距離でも熱波がはんぱない。

 

ではでは、さっそく吹きガラス体験スタート!

 

まずは、彩りを決めます。

 

透明なガラスに模様をつけるのですが、二つの色を組み合わせて模様を作ります。

 

模様も、「ねじり」や「まだら模様」など、この時点ではどのようにつけるのかわかりませんが、

いろいろ選べるのです。

 

かわうそは「ねじり」、二人は「まだら模様」に決めました。

 

色も決め、いよいよスタート!

 

まずは、店主(?)さんが長い棒の先に熱く熱せられて粘土状になったガラスをつけてくれます。

そして、それをいきなり手渡されて色付けをしていくのです。

 

色付け

 

この白い粉みたいなのが、色付けをするガラス粉。

 

白い色をつけたいので、白いガラス粉を熱した粘土状のガラスにつけていきます。

 

そのあと窯に棒の先を入れて、ガラス粉が溶けてつくように熱していきます。

 

これが結構熱い!

 

模様付け

 

 

そしていよいよ、コップの形にするため、ガラスを膨らましていきます。

 

これがよく見る「吹きガラス」のガラスを吹いて膨らます行程ですね。

 

ガラス吹き

 

これ、結構思いっ切り吹かないと膨らみません。

 

大きな風船を膨らます最初のあの一息のような感じ。

 

最初に「ふっっ!!!」といかないと、一向に膨らみません。

 

膨らんだ後、店主さんに形を整えてもらって、次はコップの底を作ります。

 

底作り

 

平らにしないといけないので、木の板を押し付けてまっすぐにします。

 

底の部分を作ったら、根元の部分を切り離します。

 

この状態ではコップの上部がすぼまった状態なので、淵を広げていきます。

 

淵広げ

 

これが結構難しい。

まっすぐにしないと、すぐに歪んでしまうのです。

 

淵が広がれば、ほぼ完成。

 

あとは店主さんが棒からはずして、ギザギザの部分をきれいにしてくれます。

 

このあと、しばらく冷やす工程になります。

 

この状態で200~300度。

 

冷やすのには1週間くらいかかるということで、

我が家は宅配で送ってもらうことにしました。

 

2019年1月1日現在、まだ送られてきていませんので、送られてきたらまたアップしますね。

ようやく届きました!!

それがこちら!

吹きガラス

予想以上に素晴らしい出来です!

ほれぼれします!!

 

 

体験はほかにも「トンボ玉づくり」「フュージング(?)」というメニューもあるようです。

 

探してみると、意外に近くにこうしたガラス工房があるかもしれませんので、

お近くにあれば、ぜひ家族で体験してみてください!

 

送られてくるガラス作品とともに、最高の思い出になりますよ♪

吹きガラス
最新情報をチェックしよう!
広告