最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。

サイト記事毎日更新 ネタに困ったら

こんにちは、かわうそです。

かろうじて毎日記事更新を続けています。

目標は3ヶ月間、毎日更新と100記事投稿なので、まだまだ道のりは半分以下。

しかし、つらい。

ネタがないわけではありません。

毎日記事投稿をしようとすると、ネタ切れしないようにいろいろなところに注意が向きます。

昨日のワールドビジネスサテライト、ドラマ「半分、青い」の永野芽郁、佐藤健、綾瀬はるかがドラマ「義母と娘の」で付けている腕時計、サラリーマンなのにスーツのベルトを忘れて大爆笑されたこと、電車内で突然の腹痛、、、

毎日生きていれば書くことは実はいくらでもある。

ただ、もちろんここから「読んでもらう記事」を作成しなくてはならないし、しかも「儲かる記事」にもしていかないといけない。

記事作成にはなんだかんだ言って、3時間くらいかかるわけですが、サラリーマンの私にはこの3時間は仕事の波によって捻出が難しくなります。

帰宅時間が午後10時になると、家に帰ってまず夕飯を食べて、片づけをして風呂に入って、見たいドラマ見て(→これが余計)。

そうすると記事を書けるのは12時前です。

そこから記事のネタを考え、構成を考え、画像を探して、SEO対策をしてとなると、、

寝るのは2時前ですね。

6時前には起きないといけないので、睡眠時間が減ります。

つ、つらい。。

相当つらい

しばらくは記事作成や構成を考えるのが楽しくて、時間をかけてもじっくり作っていたのですが

これでは時間が足りません。

これって、仕事にも言えますよね。

私は営業なので、こちらから攻める提案もあれば受ける提案もあり、そして部下後輩を育てるというミッションも背負っているため彼らの案件も見て、進捗を確認し、そして一番大事な仕事だけではモチベーションが下がる一方なのでコミュニケーションをとって悩みを聞いて、となりの部門と関係をつくって、そしてまた営業に外回り。

営業はある程度自分の仕事をコントロールできるとはいえ、セーブすればそれだけ成果が遠のくので、下手に減らせず、でもむやみに増やせば質が下がって逆にお客様からお叱りを受ける。

なんだか愚痴っぽくなってきちゃいました。

要するに、最近の日本は人手不足なのに仕事量は減っていないということ。

少し話題はそれますが、先日ショッキングな話を聞きました。

私は家族が大事です。

家族愛

子供との時間は何よりもかけがえのないもの。

でも共働きなので、夫婦が働いている夏休みは近くにすむおじいちゃん、おばあちゃんの家に預けることもあります。

そして子供はおじいちゃん、おばあちゃんが大好き。

そりゃあ、おじいちゃん、おばあちゃんに「だめ」の2文字は存在しませんからね。

そんなある日、今度はお泊りでおじいちゃんおばあちゃん宅へ。

帰ってきた子供から聞いたのが「あのねえ、近くのショッピングセンター行って、花火買って、そしたらおなかすいちゃって「ソフトクリーム食べよっか」ってことになって、でも探したんだけどないから、ちょっといったところのこんな大きなかき氷食べてね~」

子供は5年生です。

いまは受験なので普段は勉強漬けの毎日。

息抜きということで、好きなもの買ってもらうのはおおいに結構。

でも、

・花火を買いに近くのショッピングセンターに行く

・そこになかったのでとなりのお店に行く

・おなかすいたから「ソフトクリーム」を探す

・これもなかったから近くのサンマルクで「かき氷」を食べる

・帰ってからおじいちゃんと近くの公園に虫取りにいく

・帰ってきてから庭に水まき(がてら遊び)

・シャワーを浴びる

・好きなボードゲームをやる

・回転ずしを食べにいく

・帰ってからお庭で花火

・リビングでお話

・就寝

満喫です。

いえ、何が言いたいかというと、これだけのことをやるのに時間がかかります。

自分がこれだけのことをやろうと思ったら、次はこれ、次はあれ、と時間を気にしながらセコセコと子供をせかしそうです。

でもおじいちゃん、おばあちゃんには時間があります。

祖父母

別に何かを決めて行動しているわけでも、次に何をしないといけないという強迫観念もありません。

なんて自分は時間に追われる毎日を送っているんだろうと思うわけです。

仕事をしていると、朝8時半に出社しても、気づけば昼ごはん、気づけば6時です。

こんな毎日を過ごしていて、そしていつも時間が足りない、足りないと気が焦っています。

こんな毎日を20年近く過ごしてきました。そしてこれからもこの会社にいる限り、そのように過ごすのでしょう。

気づけば子供は大きくなり、親よりも友達を選ぶようになるでしょう。

気づけば定年を迎え、体力はすっかり衰え、好きなテニスや旅行を楽しむ体力も気力もなくなっているかもしれません。

人生ってこんなもんでしたっけ。

はてな

だから、私はこのサイトで年収1000万を稼いで、雇われる生活から脱却し、自分の時間を取り戻したいのです。

ミヒャエル・エンデ「モモ」をぜひ読んでください。

自分の時間を取り戻しませんか。

リラックスしましょ

ストレスだ!
最新情報をチェックしよう!