最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。

砂の器 中居君主演ドラマに使われた主題歌やテーマ曲!大ヒットした理由

こんにちわ、かわうそです。

 

2019年3月29日、松本清張の名作で長編推理小説の「砂の器」が新進気鋭の若手脚本家、小峯裕之氏の脚本によりフジテレビ系列でドラマ化されます。

「砂の器」のテレビドラマ化は実に6度目。

 

中居正広主演「砂の器」2004年版ドラマ

そんな「砂の器」ですが、中居正広主演の2004年版「砂の器」がまだ記憶に新しい方もいらっしゃると思います。

「砂の器」2004年版
プロデュース:伊佐野英樹、瀬戸口克陽
演出:福澤克雄
脚本:龍居由佳里
原作:松本清張「砂の器」
潤色:橋本忍、山田洋次
音楽:千住明
主題歌:「やさしいキスをして」DREAMS COME TRUE
制作:TBSエンターテイメント、TBS
出演:中居正広、松雪泰子、渡辺謙、原田芳雄、赤井英和、夏八木勲、市村正親、
武田真治、京野ことみ、永井大、松岡俊介、岡田義徳、佐藤仁美、他

2004年「砂の器」は平均視聴率19.6%、最高視聴率26.3%(初回)と、大ヒットを記録しました。
これは視聴率がわかっているTBS日曜劇場約100作品の中でも第11位に位置します。

 

それほど大ヒットした要因をご紹介します。

 

■大ヒットした理由

・これまでとは違う中居正弘のシリアスな演技

・美しい映像と効果的なカメラワーク

・ピアノ協奏曲「宿命」の美しい音色

・DREAMS COME TRUEが歌う主題歌「やさしいキスをして」

 

「砂の器」主演中居正広の演技

これまでの中居君の演技はどちらかというとおちゃらけたキャラで、これまでシリアスな役には合わないというイメージでした。

中居君が初主演を務めた漫画の実写化でグルメドラマ「味いちもんめ」では、料理にまじめに取り組む主人公「伊橋悟(いはしさとる)」役をつとめています。

伊橋悟もはじめ、おちゃらけたキャラで、先輩に反抗的な態度をキャラを演じ、どちらかというとテレビでよく見かける元気よくおしゃべりな中居君というイメージです。

 

しかし、一転「砂の器」では天才ピアニストであり、寡黙で影があり、人との関りを避けるような暗い人物を演じています。

 

これが中居君の新たな魅力を引き出したといっても過言ではないでしょう。

 

登場の最初のシーンから暗く海を見つめ、辛い過去を封じ込めるような眉間にしわをよせ歯を食いしばる中居君。

何かに吸い寄せられようとするかのような力に必死に抗い、でもどこか無力な自分を感じているような、そんな雰囲気を漂わせています。

 

「砂の器」2004年版の美しい映像

 

「砂の器」2004年版の魅力はその美しい映像とカメラワークにもあります。

 

オープニング冒頭シーン、3つの砂でできたうつわと中居君が見つめる暗く冷たい日本海の荒波。

そして、山の合間から上る夜明けの太陽。

そして次のシーンでは美しい演奏を奏でるコンサートホールとそこに向かう一人のくたびれた中年男性。

コンサートホールでは中居君扮する主人公の和賀英良がオーケストラの前でピアノを演奏し、その合間にキーマンとなる人物たちのカットが入る。

 

この美しい映像と効果的なカメラワーク、さらに印象的に使われる女性が歌うアリアによって一気にストーリーに引き込まれていきます。

 

「砂の器」ヒットの要因 ピアノ協奏曲「宿命」の美しい音色

 

ピアノ協奏曲「宿命」
作・編曲:千住明
指揮:小松長生
演奏:日本フィルハーモニー交響楽団
コンサート・マスター:木野雅之
ピアノ:羽田健太郎

ピアノ協奏曲「宿命」は「砂の器」のために作られた曲です。
美しく力強いピアノの旋律、もの悲しく、暗い影を感じさせるオーケストラの伴奏が心に響きます。

※こちらの映像はピアノを辛島美登里さんが演奏されているようですが、定かではありません。

 

DREAMS COME TRUEが歌う主題歌「やさしいキスをして」

 

「砂の器」2004年版の主題歌はDREAMS COME TRUE が歌う「やさしいキスをして」です。

 

「やさしいキスをして」
DREAMS COME TRUE
作詞:吉田美和
作曲:中村正人あなたの一日が終わるときに そばにいるね
何も言わないで やさしいキスをしてそっと髪を撫でて 肩を抱いて そばにいるね
あなたが眠るまで やさしいキスをして電話してくれたら 走って行くから すぐに行くから
何もかも放り出して 息を切らし 指を冷やし すぐ会いに行くから報われなくても 結ばれなくても
あなたは
ただ一人 運命の人

今日という一日が終わる時に そばにいられたら
明日なんていらない

髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまで

 

ドリカムに不倫の歌を歌わせたらピカイチですね。
吉田美和の作詞能力に脱帽です。

「電話してくれたら 走って行くから すぐに行くから
何もかも放り出して 息を切らし 指を冷やし すぐ会いに行くから」

 

この切ない歌詞。

愛する妻子持ちの男性に募らせる思いの深さと、そして狂気を垣間見させる愛に落ちた女性の心理を見事にまで表しています。

この言葉を聞いて愛の深さに涙する男性と、戦慄を覚える男性、それぞれがいるのではないでしょうか。

 

 

 

「砂の器」 中居君主演の2004年版あらすじはこちらからどうぞ

砂の器 中居君主演のドラマあらすじとネタバレ!2019年版との違いは?

 

2019年版「砂の器」は3月29日放映

フジテレビの開局60周年ドラマとして、2019年3月28日(19:57 – 22:54)放送

 

砂の器

 

あわせて読みたい:

小峯裕之氏が脚本!砂の器2019年テレビドラマ化!6度目は東山紀之と中島健人が主役!ネタバレなし!

砂の器 あらすじ 2019年版はどうなる

砂の器 ピアノ協奏曲「宿命」
最新情報をチェックしよう!