WordPressテーマを「LionMedia」から「The THOR」に変更しました!

働き方改革を実現する方法 あなたの意識を変えよう【雑談】

現在20時47分。

あなたはまだ会社で働いてますか?

家にいる家族はどう思ってますかね。

「今日も残業代稼いでありがたい!」

「帰ってこられても面倒くさいから、夜遅くていいのに」

「晩御飯また用意するの!?」

「せっかく休んでるんだから帰ってこないで」

これ、全部あなたのせい。

毎日、仕事仕事でろくに家事もしない。

家事をしないのは100歩譲っていいとして、家族に関心を払わない。

「今日、○○ちゃんの学校でこんなことがあったよ」

「今度の日曜日はどこどこ行くのはどうかな」

「みんながんばってるから、明日の夜ご飯はみんなでご飯食べに行こっか」

家族が昼間、離れている分、意識して興味を持たないと、相手との距離は広がっていくばかり。

「仕事が終わらないんだ」

「そのかわりお金稼いでるでしょ」

「早く出世して、もっとお金を稼がないと」

「仕方ないだろ、クライアントがいるんだから」

これ、全部、私の物語です。

8~9年前、こどもがまだ3歳くらいで、妻が時短でした。

私は大企業をクライアントに持つセールスマンで、複数の部門からたくさんの引き合いをもらい、それに比例をする億単位の売り上げをあげていました。

プロジェクトはやればやるほど生まれ、売り上げはうなぎのぼり。

トップセールスとして、部門の中でもみなのあこがれの的となっていました。

私は全国を飛び回り、朝は始発、夜はタクシーどころか、終電から飲みに行って、4時頃シャワーを浴びに帰る程度。

子供が保育園で何をして、どんな遊びが好きなのか、誰と仲良くしてて、保育士はどんな人か。

そんなこと、まったく頭をかすりもしなければ、子供が熱を出しても、私が休むなんて考えもしませんでした。

それから私が転勤になり、妻が会社を辞めました。

その間、妻は子供と大切な時間を過ごし、子供は優しく、よく話しをする賢い子供に育ちました。

妻はこんなどうしようもない私でも愛想を尽かすことなく、私を見捨てずにまだついてきてくれています。

子供がもっともかわいい時期、いまよその子供を見ても、胸がジーンとなるくらい心が熱くなる、そんな思いをして、いま私はあの頃を思い出すたびに自分の惨めさ、滑稽さ、愚かさに押しつぶされそうになります。

あなたは、まだ家族と一緒の時間を過ごそうとしてないんですか。

あなたが出世して、喜ぶのは誰ですか。

お金を稼いで何に使うのですか。

あなたの人生の目標は何ですか。

あなたは何で結婚して子供を作ったのですか。

会社はあなたのために何もしてくれませんよ。

あなたががんばって稼いでも、得られるのはお金だけ。

あなたが稼げなくなったら、他の人を探すだけ。

あなたが本当にやりたいことや、大事にしたいことなんてまったく考えてくれませんよ。

あなたは、あなたの人生をあなた自身がプロデュースするのです。

そのために、会社とは距離をおいてください。

あなたが、会社やクライアントに「できません」といって困るのはあなたではありません。

無責任かと思うかもしれません。

でも、あなたはあなたの時間を削って無理をしようとしていませんか。

無理な要求にはできませんというのです。

「やってもないのに、そんなこと言うべきじゃない。」

「だからネガティブと言われるんだ。」

「クライアントに寄り添ってない。」

無理な要求を飲んで喜ぶのは誰ですか?

あなたの家族ですか?

あなた自身ですか?

そういうことです。

あなたの人生です。

あなたが大切に思う人、大切な時間、大切な夢。

それを奪われてでも達成しないといけないことって何でしょう。

さあ、あなたはいまからあなたの人生を歩むのです。

会社が敷いたレールに乗ってもあなたの大切なモノはそこにはありませんよ。

レールから降りるのは勇気が必要かもしれません。

一時的に家族も白い目で見るかもしれません。

でも、あなたが大切だと思う家族は、あなたのことを大切だと思ってますよね。

あなたが、あなたとあなたの家族にとって大切なモノを見つけるためなら、どこへも行かない、ただ会社のためだけに走るレールの上から降りることに理解をしてくれるはず。

それには家族と話しをしてください。

いままで会社のレールしか見てこなかった人間が、いきなり降りると宣言してもうまくいきっこありません。

そんなあなたが、やるべきは家族が第一だと家族にわかってもらうことです。

それはお金ではありません。

家族が大事にしていることを、あなたも大事にするのです。

二人で歩む
最新情報をチェックしよう!
広告