最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。

『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』あらすじ詳細(ネタバレあり)全公開!

こんにちわ、かわうそです。

 

ガンダムシリーズ作品の中でも初のOVAながら、パイロットでもなく、ガンダムにも乗らない主人公、少年アルの視点から描いた珠玉の物語『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』について、全6話のあらすじ詳細(ネタバレあり)を大公開します。

 

 

こちらの記事はこんな人にお勧め

・ガンプラの「ハイゴック」「ケンプファー」「アレックス」などのモビルスーツがかっこいい!どんな作品で使われたのか知りたい人

・最近の「ガンダムGのレコンギスタ」や「ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を見て、昔のガンダムも知りたくなった人

・「機動戦士ガンダムUC」や「機動戦士ガンダムNT」を見て、ファーストガンダムから続く物語を知りたくなった人

 

『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』とは

『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』は1989年にガンダムシリーズでは初のOVA化された「機動戦士ガンダム」のスピンオフ作品です。

「機動戦士ガンダム」の世界観や時間軸は引き継ぎますが、「機動戦士ガンダム」の登場人物やストーリーはまったくといっていいほど出てきません。
唯一、今作品で主役となるガンダム「RX-78 NT-1アレックス」の機体ナンバーと、ニュータイプ専用として「ホワイトベース」に配備されるという言葉だけが、初代「機動戦士ガンダム」とつながる部分であり、「機動戦士ガンダム」を見ていない方でも十分に楽しめる作品となっています。

特にOVA作品として、6話各約30分という短いストーリーでありながら、「機動戦士ガンダム」の世界観である「ジオン」「地球連邦」の対立の構図、モビルスーツの役割、宇宙世紀に人類が住むコロニーと呼ばれる円筒形の巨大な宇宙ステーション、そこを舞台にした壮大なストーリーについて、この作品を見るだけで感じることができるようになっていて、この作品を見て、「ガンダム」にはまってしまうという方もいるくらい。

初期の「機動戦士ガンダム」を昔のアニメとしてテレビで見かけたことがあったと思いますが、『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』は、洗練された作画となっており、登場するモビルスーツも人物も非常に魅力のあるものとなっているところも、この作品が「ガンダム」のエントリー作品として絶対にお勧めできるところです。

 

 

あらすじ詳細(ネタバレあり)

第1話:戦場までは何マイル


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Vol.1 「戦場までは何マイル?」[浪川大輔][Laser Disc]
宇宙世紀0079年、ジオン軍と地球連邦軍との一年戦争末期の12月、ジオン軍は連邦軍がニュータイプ専用新型モビルスーツ「ガンダムNT-1アレックス」を北極基地にて極秘裏に開発していることを察知します。
地球連邦軍との戦局も終盤になり、ジオンは芳しくない戦局を打破すべく、「ガンダムNT-1アレックス」を奪取するためジオン軍はサイクロプス隊にズゴックE、ハイゴックで北極基地を襲撃させます。
しかし、連邦軍はすんでのところでアレックスをシャトルに乗せて打ち上げ、中立コロニーであるサイド6「リボー」に隠すことに成功します。
そんな折、「リボー」に住む小学生アルフレッド・イズルハ(アル)は、父との面会の為、コロニーの宇宙港に赴いていました。
アルは同級生との約束で連邦軍のモビルスーツを探索していましたが、モビルスーツを撮影することができなかったかわりに、偶然北極から運ばれてきたコンテナを撮影するのです。
約束を果たせず落胆したアルでしたが、その帰りに軍人として「リボー」に転属になった幼馴染みで隣人のクリスチーナ・マッケンジーと再会するのです。

第2話:茶色の瞳に映るもの


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Vol.2 「茶色の瞳に映るもの」[浪川大輔][Laser Disc]


運び込まれたコンテナの中身は北極から極秘裏に運び込まれた新型ガンダムの「ガンダムNT-1アレックス」でした。
新型ガンダムがリボーへ運び込まれたと知ったジオン軍はサイクロプス隊をそこへ送り込み、奪取を果たすべく「ルビコン計画」を発動します。
アルはコロニーに侵入したものの地球連邦軍に撃墜されたジオン軍のザクを発見し、そのザクのパイロットである”バーニィ”(バーナード・ワイズマン)と知り合います。
何も知らないアルは、自分が撮影したコンテナのビデオと引き替えにバーニィからジオンの階級章をもらって大喜び。
バーニィはジオン軍グラナダ基地に帰還し、そのビデオを提出します。
ジオン軍は再び「ガンダムNT-1アレックス」の奪取もしくは破壊のため、サイクロプス隊にその任務を命じ、バーニィはサイクロプス隊に転属、再びサイド6へ向かうのです。

 

第3話:虹の果てには?


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Vol.3 「虹の果てには?」[浪川大輔][Laser Disc]

パーツに分けられたモビルスーツ「ケンプファー」を貨物として秘密裏にサイド6に持ち込み、サイクロプス隊は潜入に成功します。
そんなとき、アルは夜中に家を抜け出した朝帰りの途中に偶然バーニィを見かけて追跡し、サイクロプス隊のアジトを突き止めてしまうのです。
サイクロプス隊の隊長ハーディ・シュタイナーは、アルがジオン軍にあこがれを持っていることを知り、彼にサイクロプス隊の標章を与え、表向き仲間に引き入れるのですが、その標章には隠しマイクがつけられていました。
監視されているとは知らず自分も隊の一員になったと浮かれるアルは行方不明のコンテナ捜しに協力し、バーニィと交流を深めていきます。
アルの見張りを命じられたバーニィは、アルの家を見張っている中、「ガンダムNT-1アレックス」のテストパイロットのクリスと知り合い、2人は互いの素性を知らぬまま恋心を抱くのです。

第4話:河を渡って木立を抜けて


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Vol.4 「河を渡って木立を抜けて」[浪川大輔][Laser Disc]

行方不明のコンテナ探しの最中、アルが以前コンテナ撮影現場に居合わせた保安員の顔を覚えていたことから、アルはバーニィと共に連邦軍の秘密基地を突き止め、NT-1の撮影に成功します。
一方、サイクロプス隊の隊長シュタイナーは自分たちがオトリであり、ジオン軍は「ガンダムNT-1アレックス」をサイド6ごと核攻撃によって葬り去ろうとしていること、その核攻撃が迫っていることを知ります。
シュタイナーは自分たちがおとりであることを知りつつも、当初の目的であるアレックスの奪取もしくは破壊を目指す「ルビコン作戦」を開始するため、サイクロプス隊を出撃させます。
シュタイナー達は連邦軍の兵士に変装して基地に潜入しますが、連邦兵と出くわしたバーニィが「俺はシドニー生まれのシドニー育ち、(シドニーは)今頃真っ白だろうなー」といったところ、その連邦兵が「シドニーは今頃夏だと」気づいたおかげで正体がバレてしまい、銃撃戦の末、隊長シュタイナー、ガルシアが死亡。
クリスが搭乗した「ガンダムNT-1アレックス」は陽動作戦で出ていた「ケンプファー」と対峙します。
ケンプファーは機雷を鎖で連結した武装「チェーン・マイン」でアレックスを攻撃するも、外装のチョバム・アーマーしか破壊できず、アレックス右腕に装備されていた90mmガトリングガンによりコックピットを撃ち抜かれ、搭乗していたミハイル・カミンスキーも死亡。バーニィを残してサイクロプス隊は全滅してしまうのです。

第5話:嘘だと言ってよ、バーニィ


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Vol.5 「嘘だと言ってよ、バーニィ」[浪川大輔][Laser Disc]

 なおも一人生き残ったバーニィの潜伏に協力していたアルでしたが、本当の兄のように信じていた彼に実はもらった階級章には盗聴器が仕掛けられていたこと、アルを見張っており、騙していたことを知らされるのです。さらには、ルビコン作戦の失敗によりジオン軍がクリスマスの日にリボーへ核ミサイル攻撃をすることになったと聞かされ、バーニィはこのコロニーを脱出すると突き放されてしまうのでした。
両親が復縁することが決まったものの、アルは目前に近づく核攻撃への恐怖に怯えていました。
バーニィは脱出するためコロニーの宇宙港にいました。ひとり脱出することに負い目を感じていたバーニィは、振られた女が電話口で振った相手に叫んでいるのを聞きます「今度の女もすぐバレる嘘ついてたらしこんだんでしょ。私の時と同じ!嘘を言い通す根性もないくせに!!」バーニィはアルに強がって新米兵にも関わらずエースパイロットだとウソをついていた自分と重ね合わせ、戻ってアレックスと戦うことを決心するのです。

第6話:ポケットの中の戦争


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Blu-rayメモリアルボックス

3日後に迫った核攻撃阻止のため、撃墜されて放置されていたザクⅡ改を修理し、アレックス破壊作戦に向けた準備に入ります。
いよいよ作戦決行となる直前、アルはバーニィからビデオレターと小包を手渡され、自分が失敗した時にはこのビデオレターを見てほしいと頼まれます。
作戦当日となるクリスマスの日、母とともに帰宅する父の迎えに出ていたアルは核ミサイルを搭載したジオン艦艇が連邦軍に降伏したことを聞かされるのです。もう戦う必要がなくなったことを教えるため、急ぎバーニィのもとへ走るアル。
しかし、すでにザクⅡ改はアレックスと対峙しており、仕掛けた罠によりアレックスにダメージを与えつつ、ガトリングガンにより被弾するザクⅡ改。ザクⅡ改のヒートホークの最後の一振りがアレックスの頭部を切断しますが、同時にアレックスのビームサーベルがコクピットを貫き爆散し、アレックスも大破。近くまできていたアルは破壊されたアレックスから助け出されるクリスの姿を目撃してしまい、ザクⅡを破壊したのがクリスだと知ってしまうのでした。
バーニィがアルに託したビデオレターには自分が失敗した時には連邦軍にジオン艦艇が核ミサイルをリボーへ向け放とうとしていることを伝える手紙が入っている、自分が直接出頭してもいいが、アレックスと戦うことを逃げるのは嫌だということが収められていました。
新学期の日、地球への転任でリボーを離れることになったクリスと別れ、学校集会で戦争が終結したことを聞かされたアルは、去来した様々な想いを胸に泣き崩れます。アルは戦争の残酷さを身を以て知り、1人の人間として大きく成長した瞬間でした。

ガンダムシリーズ『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムNT』とのつながり

ガンダム宇宙世紀メモリアル

出典元:機動戦士 ガンダム NT ナラティブ ガンダム 宇宙世紀 メモリアル 劇場 映画 限定(2019年2月23日引用)

機動戦士ガンダムUCはRX-0 ユニコーンガンダムが主役の物語です。
この機体ナンバーからもわかるとおり、ガンダムRXシリーズとして、ファーストガンダムから続いて開発されてきた機体ということですね。
さらにはファーストガンダムで語られたジオン対地球連邦の構図の中で、ジオンを率いるザビ家の末裔「ミネバ・ラオ・ザビ」という姫が、主人公「バナージ・リンクス」と織りなす物語というところでもつながってきます。
機動戦士ガンダムNTは機動戦士ガンダムUCで開発されRX-0の機体ナンバーをもつ3機のガンダムのうちの1つが紡ぎ出す物語です。

つまり、「ガンダム」というメカが連綿とおりなす長大なストーリーであるということがおわかりになるのではないでしょうか。

ガンダムシリーズ新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』とのつながり

関連記事

  「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が2019年冬に劇場公開されます。   出典元:機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ ティザーサイト(2019年2月23日引用)   […]

閃光のハサウェイ

2019年冬にはガンダムシリーズ新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が劇場公開予定です。
『閃光のハサウェイ』はファーストガンダムで登場するホワイトベース隊、艦長代理をつとめた『ブライト・ノア』の息子『ハサウェイ・ノア』が主役となります。
『ポケットの中の戦争』とのつながりは、『ポケットの中の戦争』に登場したガンダム「RX-78 NT-1 アレックス」に乗るはずだったのが、このホワイトベース隊のエースパイロット「アムロ・レイ」であり、そのホワイトベース隊を率いていたのが「ブライト・ノア」、「ハサウェイ・ノア」は「ブライト・ノア」と操舵手であった「ミライ・ヤシマ」との息子だということです。

ファーストガンダムから続くガンダムの歴史が、つながっているということがお分かりになると思います。

また、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のキャラクター原案は、『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』でキャラクター原案を務めた美樹本晴彦氏が担当します。

美樹本晴彦氏のイラストは繊細なタッチで、でも人間味あふれるイラストで非常に楽しみな要素の一つですね。

 

まとめ

このように、ガンダムシリーズはファーストガンダムから続くガンダムと、その登場人物たちの歴史物語であり、人が宇宙に出ても変わることのない争いの歴史でもあるわけです。
もちろん子供向けとして作られた側面もあるので、アニメとして見ることもできますが、一方で『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』でも語られているとおり、人のどうしようもない争いの歴史、どちらが悪いというわけではない中でも巻き込まれていく普通の人たちを描いた作品もあり、とても奥深く大人も楽しめる作品だと思います。

『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』は一筋縄ではいかない物語ながらも、登場するモビルスーツがとてもカッコいいため、モビルスーツが好きな人も、ガンダムUCやNTを見て好きになった人、ガンダムという名前の別作品を見て好きになった人も、ぜひご覧いただきたい作品というわけです。

 

あわせて読みたい:

関連記事

こんにちわ、かわうそです。   かわうそは根っからのガンダムフリーク、ガンダムマニアです。   特にガンダムの正史と呼ばれる、1978年に放映された『機動戦士ガンダム』、ガンダムフリークの間では『[…]

機動戦士ガンダムポケットの中の戦争
関連記事

  2018年11月21日「機動戦士ガンダム 40 周年プロジェクト」において「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」がNHK総合テレビにて2019年4月29日から放映されると発表されました。 […]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星
関連記事

『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』は1989年にガンダムシリーズ初のOVA化されて大人気を博した6話、合計約3時間のアニメです。    ファーストガンダムと呼ばれる1979年に放映された『機動戦士ガンダム』[…]

ガンダムアレックスと刺し違えるザクⅡ改

 

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争
最新情報をチェックしよう!