最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。

「ぺんぎんは空を見上げる」映画化は!?中学受験でも注目!(ネタバレなし)

「ペンギンは空を見上げる」は坪田譲治文学賞の受賞作です。

 


「ぺんぎんは空を見上げる」を映画化したらどうなるでしょう。

中学受験の入試問題に取り上げられそうな作品としていま注目の「ぺんぎんは空を見上げる」

一見うっくつした思いで周囲と自分の心を閉ざす少年と、アメリカからきた金髪の美少女、自分の力で宇宙空間を撮影するという映像としてもってこいのコンテンツをふんだんに盛り込んだこの作品は、映画化されるのも秒読みだと思われます。

 

 

中学受験で作品が取り上げられた作家、重松清、江國香織、瀬尾まいこは、坪田譲治文学賞を受賞しています。

 

「ぺんぎんは空を見上げる」とは

八重野統摩(やえの・とうま)さんの第34回坪田譲治文学賞受賞作品で、NASAのエンジニアになる夢を持つ小学6年生・佐倉ハルの成長を描いた作品。

ブロンドの美少女

■ あらすじ

 意地っ張りな性格もあってクラスでは孤立、家に帰っても両親とぎくしゃくしてしまう主人公

そんな主人公の夢は自分の力で風船から宇宙を撮影すること。

そんなハルの学校にアメリカから金髪の少女が転校してきますが、、

 

読みはじめていくと「ライトノベルか!?」と思うくらいハルと金髪の転校生とのかけあいが絡み合って、もどかしくもさくさくと読めてしまいます。

 

でも本の中盤くらいで“何かおかしい”と思い始めることでしょう。

 

その理由はここでは明かしませんが、それだけ作者のストーリーの進め方が秀逸なんです。

 

最後に空かされる二人の秘密に衝撃を受けること間違いなし。

 

ある意味ミステリーとも言えますが、あくまでもストーリーの中心はハルの心の動きであり、そんなハルを取り巻く学校の子どもたち、そしてハルを支える大人たち。

 

ハルの頑なな心と大人たちのハルに対する心配に対する疑問が最後の場面で一気に氷解して、読み手の心が長いトンネルを抜けたかのようにぱーっと明るく広がります。

 

坪田譲治文学賞とは、”大人も子供も楽しめる”作品に送られる賞です。

 

よって受験に使われることが多いんですね。

 

「ぺんぎんは空を見上げる」が映画化に最適な理由

ペンギンは空を見上げる

「ぺんぎんは空を見上げる」という作品は、映画化、それもアニメーション映画に最適だと思われます。

・学校を舞台とした物語で感情移入しやすい

・金髪の美少女がヒロインというビジュアル要素

・宇宙空間の撮影という描写が美しい映像を作りやすい

・話の展開が早く、テンポがよい

・登場人物が限定されていて理解しやすい

 

「ぺんぎんは空を見上げる」という作品には「聲の形」「心が叫びたがっているんだ」のように、学校を舞台として、登場人物の心の動きをよく描写しており、友情ちょっとした恋心など、アニメーション映画には欠かせない要素がすべて含まれています。

 

そして何よりこの物語には大いなる秘密が隠されているのですから、この映画を見終わった人の間で大きな話題となること間違いなしですね!

 

課題はその大いなる秘密を活字ではなく音声と映像でどのように表現するかということでしょう。

 

この部分がハードルにはなりますが、むしろここをどのように表現するかでこの作品を映画化したときの評判が変わるでしょう。

 


まとめ

 

■「ぺんぎんは空を見上げる」は”自分の力で風船を使って宇宙から地上を撮影する”という夢を持った小学生ハルと金髪の転校生の物語

■小学生ハルにはある秘密があり、途中でおかしいと思い始めるも、最後まで読むとものすごくさわやかな気持ちになる

■「ぺんぎんは空を見上げる」はまだ映画化の話はないが、映画化に最適な理由として

・学校を舞台とした物語で感情移入しやすい

・金髪の美少女がヒロインというビジュアル要素

・宇宙空間の撮影という描写が美しい映像を作りやすい

・話の展開が早く、テンポがよい

・登場人物が限定されていて理解しやすい

 

最後に

「ぺんぎんは空を見上げる」はまだ映画化の話しを聞きません。

 

主人公が小学生なので実写よりもアニメーション化が可能性高いと思われますが、北海道と宇宙空間という雄大なイメージをアニメーションであればうまく表現できるのではと思っています。

 

ちなみに宇宙空間を風船を使って撮影するというのは例えば宮古島で行われている高校生向けのコンテスト「スペースバルーンコンテスト」のようなものがあります。

 

風船で宇宙空間に到達することはできないことではないようですが、カメラがくるくる回ってしまうのをどうやって抑えるかが難しいみたいですね。

最新情報をチェックしよう!