最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。
パラレルワールド・ラブストーリー

「パラレルワールド・ラブストーリー」映画のネタバレ情報!5月31日公開に向けて!

こんにちわ、かわうそです。

今回ご紹介するのは「マスカレードホテル」「人魚の眠る家」「白夜行」などの映画や、「ガリレオシリーズ」「流星の絆」などのテレビシリーズの原作者として超売れっ子作家「東野圭吾」原作の2019年5月31日公開映画「パラレルワールド・ラブストーリー」についてです。

 

東野圭吾作品の魅力をあげればきりがありませんが、やはり「ミステリー」と「テンポの良さ」、「複雑に絡み合う物語」そして「ほのかなエロティシズム」にあるでしょう。

 

それでは早速この映画原作「パラレルワールド・ラブストーリー」のネタバレ情報についてお伝えしていきます。

 

パラレルワールド・ラブストーリー」あらすじ

パラレルワールド・ラブストーリー 映画

画像引用元:パラレルワールド・ラブストーリー公式ホームページ (2019/3/17引用)

 

敦賀崇史(玉森裕太)は、ある日親友の三輪智彦(染谷将太)から彼女として津野麻由子(吉岡里帆)を紹介されます。

しかし、津野麻由子(吉岡里帆)は自分が学生の頃、ひそかに恋心を寄せていた人でした。

親友と彼女への恋心とのはざまで苦しむ崇史。

しかし、ある日崇史が目を覚ますとあこがれの麻由子と暮らす世界が広がっていたのです。

親友の彼女である麻由子がいる世界と自分の彼女となっている麻由子のいる世界。

この2つの世界が交錯し、混乱する崇史はある秘密を見つけるのです。

それは、、

 

パラレルワールド・ラブストーリー」の謎・ネタバレ

 

この映画には4つの謎が隠されています。

パラレルワールド・ラブストーリー 4つの謎

画像引用元:パラレルワールド・ラブストーリー公式ホームページ (2019/3/17引用)

ネタバレ「謎1」:二人の麻由子

一人目は親友の彼女として紹介される津野麻由子(吉岡里帆)。

二人目はある日目覚めたときに、自分の彼女となっていた津野麻由子(吉岡里帆)。

 

一人目の麻由子は親友である智彦の彼女でありながら、崇史への思いに複雑に揺れ動く一人の女性として描かれています。

二人目の麻由子は崇史の彼女として、同棲をしていますが、なぜか崇史は彼女が智彦の彼女だったのではという記憶があります。

 

どちらの麻由子も同じ時間、同じ場所にいるにも関わらず、一人目の麻由子は智彦の彼女で、二人目の麻由子は崇史の彼女。

 

しかし崇史は次第に記憶に誤りがあることに気づき出します。

そう、崇史には”記憶改変”が施されていたのです。

なぜか。

そこには親友である智彦の思いが隠されていました。

 

ネタバレ「謎2」:親友

三輪智彦(染谷将太)と敦賀崇史(玉森裕太)は中学時代からの親友です。

二人とも天才的な頭脳を認められ、総合コンピュータメーカー「バイテック社」に就職。現在は同社の研究・教育機関である「MAC技科専門学校」に所属しています。

智彦は足が悪く、研究一筋の言ってしまえばオタク気質。

一方の崇史は容姿端麗で、学生時代から女性によくモテており、そのことを自分でも自負しています。

それでも二人は親友として長年一緒に時間を過ごしてきた仲。

そこに津野麻由子(吉岡里帆)という女性が現れたことにより、関係が微妙にギクシャクしていくのです。

崇史はあこがれだった麻由子が親友であるはずの智彦の彼女としてあらわれたことに、嫉妬心を抱き始めます。

しかし智彦はそんな崇史と麻由子に対して、ある重要な決断を下すのでした。。

 

ネタバレ「謎3」:ポラロイド写真

三輪智彦(染谷将太)と彼女である津野麻由子(吉岡里帆)がディズニーランドにデートで行ったときに撮ったポラロイド写真。

しかし、ある日を境に津野麻由子(吉岡里帆)は敦賀崇史(玉森裕太)の彼女となり、ポラロイド写真には三輪智彦(染谷将太)しか写っていない写真となるのです。

ディズニーランドに男一人で出かけるでしょうか。

崇史は違和感を感じ始めます。

この写真に写る智彦の隣には麻由子が写っていたのではないか。

自分の記憶は正しいのか。

しかし、このポラロイド写真には重要なメッセージが隠されていたのです。。

 

ネタバレ「謎4」:古い懐中時計

ある日、敦賀崇史(玉森裕太)は三輪智彦(染谷将太)から古い懐中時計を預かります。

そこには、この物語のある重要なキーが隠されていたのです。

※「古い懐中時計」の謎は原作にも出てきません。ぜひ映画を見ながら、この懐中時計の謎を解きましょう!

 

パラレルワールド・ラブストーリー」の結末はどうなる!?

パラレルワールド・ラブストーリー 小説

画像引用元:パラレルワールド・ラブストーリー公式ホームページ (2019/3/17引用)

 

原作と同じであれば、この物語は敦賀崇史(玉森裕太)と三輪智彦(染谷将太)の友情の物語として語られます。

敦賀崇史(玉森裕太)と三輪智彦(染谷将太)という二人の親友の間に入ってきたひとりの女性。

親友をとるのか恋愛をとるのか。

このようなシチュエーションになったとき、あなたならどちらを選びますか。

そして、親友として、そこまで相手のことを思いやることができますか。

 

東野圭吾氏は相変わらず、人間の深い心理と苦悩を浮かび上がらせ、それでもひとつの感動を呼び起こさせる物語として作り上げる天才作家ですね。

 

ぜひ、映画を見る前に原作本も読みましょう。

東野圭吾氏の作品は、出だしから読者を物語に引き込むことが得意で、そしていくつもの伏線をわかりやすくちりばめていく手法により。本が苦手な方にも苦労せず読めてしまう作品だと思います。

 

あわせて読みたい:

「パラレルワールド・ラブストーリー」映画のロケ地について徹底公開!キスマイ玉森がいた!

「パラレルワールド・ラブストーリー」映画の監督「森義隆」氏、主題歌は「宇多田ヒカル」!

パラレルワールド・ラブストーリー
最新情報をチェックしよう!