最新News、ビジネスお役立ち情報、趣味の話題等々をお届け!毎日を悠々自適に暮らすブログです。

多部未華子主演!『これは経費で落ちません!』は「つばき文具店」の再来!?キャストや原作者、主題歌は。

多部未華子主演のドラマ『これは経費で落ちません』は7月26日(金)のNHKドラマ10枠にて全10話にて放映予定です。

これまでもNHKドラマ10では話題作を数多く放映してきましたが、今回も多部未華子×NHKドラマ10ということで見逃せない作品となりそうな予感がしますね。

何より、NHKドラマ10での多部未華子と言えば『つばき文具店』が記憶に残っている方も多いはず。

そんな期待度満載のドラマ『これは経費で落ちません』は『つばき文具店』の再来となるのか、またそのキャストや原作者、主題歌についてまとめましたのでぜひご覧ください。

多部未華子×NHKといえば「つばき文具店」


『つばき文具店』では祖母に反発しながらも、純朴に育ち、新しい町、新しい人たちとの心の交流を描く、ほのぼのとしたストーリーで、多部未華子の雰囲気に大ハマりしていました。

視聴率は5.6%と実は他局のドラマと比べても下位のほうでしたが、こうした純朴でほのぼのとしたストーリー、そして美しい鎌倉の街並みと、なんといっても「はーたん」こと守景陽菜役の「新津ちせ」ちゃんがかわいすぎて、それだけで心がじんわり、暖炉の前でくつろいでいるような何とも言えない心地よい気持ちにさせてくれるドラマです。

『つばき文具店』の原作は小川糸さん

 

『食堂かたつむり』でデビュー後、『つるかめ助産院』では仲里依紗さん主演でこれまたNHKドラマ化されている売れっ子作家です。

『これは経費で落ちません』キャスト

多部未華子(森若沙名子役)

1989年生まれ

原作の主人公、森若沙名子よりも年上となりますが、透明で不思議な雰囲気を持ち、年齢不詳、もしくは非常に若く見える女優さんですね。

NHK朝の連続ドラマ小説「つばさ」では主人公の玉木つばさ役を演じていますし、韓国で大ヒットした映画『怪しい彼女』のリメイク『あやしい彼女』では主役の大鳥節子役を演じ、その見事な歌声にメロメロになった方も多かったはず。

そのほか、ナレーションや声優(それいけ!アンパンマンに出演)、CMや舞台とその活躍は多方面にわたる才女といっても過言ではないでしょう。

 

重岡大毅(ジャニーズWEST)(山田太陽役)

主人公森若沙名子を好きになる熱血お調子者営業マンの山田太陽を演じるのは1992年生まれの新星ジャニーズWESTの重岡大毅くん。

出演作もテレビドラマ主演は『SHARK〜2nd Season〜』だけと、まだまだこれからの逸材です。

駆け出しでお調子者の営業マン役という役どころにはぴったりかもしれませんので、このドラマで大きく羽ばたくことになるかもしれませんね。

 

伊藤沙莉(佐々木真夕:経理部の後輩役)

後輩で少しおっちょこちょいの佐々木真夕を演じるのは、伊藤沙莉さん。

朝の連続テレビ小説『ひよっこ』で三男に惚れる米屋の娘「安部米子」役を演じて一躍有名になりました。

その後、テレビドラマ版『この世界の片隅に』や『獣になれない私たち』に出演し、その演技力には定評があります。

原作の『これは経費で落ちません』の佐々木真夕も芯のしっかりした心強い後輩という役柄ですが、なんとなく線が細いイメージもあり伊藤 沙莉さんかな?なんて思ってしまったりしますが、どういう演技をするのか非常に興味深いところです。

 

そのほかも

平山浩行(経理部の先輩役)

吹越満(経理部の部長役)

桐山漣、松井愛莉、韓英恵、角田晃広(東京03)、片瀬那奈、モロ師岡というキャストが決まっていますが、まだ誰がどの役をやるのかは発表されていません。

 

個人的には松井愛莉さんがスキャンダル好きで山田太陽を落とそうとした「中島希梨香」、 韓英恵さんが森若沙名子の同期で研究者、化粧をほとんどしないけれど美人で社長の息子を射止めた「鏡美月」、片瀬那奈さんは山田太陽を好きに使うビジネスパートナー「プライムプランニングS」の姫こと「曽根崎メリー」か、秘書室で経費を横領する有本マリナ役ではないかと思われます。

原作者「青木祐子」さん

『ぼくのズーマー』が集英社主催2002年度ノベル大賞で入選し、2003年、『ソード・ソウル 〜遥かな白い城の姫〜』で文庫デビューされています。

原作者青木さんは会社員をされていたときに『ぼくのズーマー』が入選され、そこから小説家となっています。

 

小説家になる前はバイクで日本中を一人で旅するファンキーな女性、、ひとりバーべーキューもされたことがあるという中々のつわものです笑

原作者「青木祐子」さんコメント

森若さんがドラマになったらいいなあ、とはずっと思っていました。
夢がかなったことになります。嬉しいです。
これも読者さまのおかげです。
ありがとうございます。

コミカライズもそうなんですが、私の考えたキャラクターやストーリーを、ほかのジャンルのクリエイターがどう咀嚼して物語にするのか、というのはとても興味があるし、面白いことです。
私の物語は私の頭を超えられないので。悔しいことに。

ヴィクロテのイラスト担当のあき先生にも、森若さんのコミカライズ担当の森こさち先生にも、「そうか、そう来るのか」と何回も思わせてもらっています。
おふたりとも原作に対する愛情があるのがとても嬉しいです。

森若さんがドラマ班の方にどう料理していただけるのか、わくわくしています。

引用元:~まわり道の回想~(青木祐子さん公式ブログ)(2019年6月10日引用)

 

主題歌は阿部真央!

『これは経費で落ちません』の主題歌を担当するのは「阿部真央」さん。

椎名林檎さんを彷彿させる、力強い歌声と低音の響き、振るわせる声が魅力のシンガーソングライターです。

まだ主題歌自体は発表されていませんが、いつもせつなくも力強いメッセージを届けるその楽曲でいまから期待満載ですね。

そんな阿部真央さんのいまの新曲は『チア男!』の主題歌『君の唄(キミノウタ)』です。


こちらもおススメですよ。

まとめ

■多部未華子×NHKといえば『つばき文具店』

多部未華子の透明で不思議な雰囲気がNHKのドラマ『つばき文具店』では大ハマり。今回の『これは経費で落ちません』ではどんな演技を見せてくれるでしょうか。

■『これは経費で落ちません』キャスト

多部未華子、ジャニーズWESTの重岡大毅、朝ドラ「ひよっこ」で一躍有名になった伊藤沙莉など、楽しみなキャスティングです。

■原作者「青木祐子」さん

バイクで日本中を旅したことがあるなど、ファンキーな女性作家。『ぼくのズーマー』が入選し、そこから小説家に。『これは経費で落ちません』の映像化を楽しみにしていたそうです。

■主題歌は阿部真央!

椎名林檎さんを彷彿させるような力強くハスキーな歌声、強いメッセージに今回の『これは経費で落ちません』の主題歌がどのような楽曲を聞かせてくれるのか期待度満載です。

最後に

『これは経費で落ちません』

【放送予定】2019年7月26日スタート(連続10回)
総合 毎週金曜 よる10時から10時49分
【原作】
青木祐子
【脚本】
渡辺千穂 藤平久子 蛭田直美
【音楽】
安田寿之
【主題歌】
阿部真央
【出演】
多部未華子 重岡大毅(ジャニーズWEST) 伊藤沙莉 桐山漣 松井愛莉 韓英恵
角田晃広 片瀬那奈 モロ師岡 平山浩行 吹越満 ほか
【制作統括】
管原浩(NHK) 坂下哲也(AX-ON)
【演出】
中島悟 松永洋一

 

『これは経費で落ちません』は女性ならではの視点が満載で、原作ではネイルやアクセサリーなどの描写がたくさんでてきます。

映像化するにあたって、その点を期待する女性の視聴者も多いのではと思います。

いろいろな意味で見どころ満載、いまから待ち遠しい作品間違いなしですね。

 

『これは経費で落ちません』はコミカライズもされています。

今ならコミックシーモアで無料立ち読み増量中!

 

 

あわせてこちらも読みたい

関連記事

青木祐子原作小説『これは経費で落ちません』がNHKドラマ10枠で7月26日からTVドラマ化されます!  主演は多部未華子。  『つばき文具店』では祖母に反発しながらも、純朴に育ち、新しい町、新しい人たちとの心の交流を描く、ほのぼ[…]

これは経費で落ちません!TVドラマ化!NHK人気ドラマ10枠。気になるあらすじは! 
関連記事

 2019年6月14日(金)『泣くな赤鬼』の映画が公開されます。      『泣くな赤鬼』は短編集『せんせい。』に入っている作品の一つで、この短編集は先生と生徒の関係性を、多くの個性や視点から描いた作品です。     […]

重松清著『泣くな赤鬼』映画化!収録他作品『ドロップスは神さまの涙』を読めば心が救われる
関連記事

 朝井リョウと言えば、TVアニメ化され、2019年5月10日には横浜流星主演で映画化される 「チア男子!!」が有名ですね。     2009年には「桐島、部活やめるってよ」が映画化され、今大変な売れっ子小説家と[…]

ままならないから私とあなた
多部未華子主演!『これは経費で落ちません!』は「つばき文具店」の再来!?キャストや原作者、主題歌は。
最新情報をチェックしよう!