WordPressテーマを「LionMedia」から「The THOR」に変更しました!

ブログ開設1.5か月で50記事の現実 人気の記事は?検索クエリ?直帰率?平均セッション?

こんにちわ、かわうそです。

 

こちらのブログを立ち上げて1.5か月ほど。

記事数は今回の記事で50記事目となります。

今日は、ブログをはじめて1.5か月、50記事を書いた時点でどのような結果になったのかを赤裸々にお伝えします。

 

私のブログのターゲット、目標をおさらいします。

 

【ターゲット】

40代 男性 サラリーマン 自分と同じようにネットで副業、または脱サラしようと思っている人、独立したい人

【目標】

STEP1:3か月、100記事作成、PV数月間1万以上

STEP2:6か月、200記事作成、リライト、PV数月間3万以上

STEP3:1年、300記事作成、PV数月間5万以上、月間収入3万円

参考記事:

<超初心者向け>ワードプレスでサイトを立ち上げるまで

<超初心者向け>ワードプレスでサイトを立ち上げるまで Part2

<超初心者向け>ワードプレスでサイトを立ち上げるまで part3

 

 

さて、STEP1の中盤、50記事目ではどのようになったかをお伝えします。

Google Analytics( アナリティクス)を利用していますので、使い方とあわせて実績をお伝えしましょう。

※Google Analyticsの導入の仕方は、こちらのサイト(Biznaviブログさん)に詳しく記載されていますので、ぜひこちらをご覧ください。

あなたのホームページを誰が見に来ているか調べてみましょう【Google Analytics導入編】

あなたのホームページを誰が見に来ているか調べてみましょう【Google Analytics導入編】

 

Googleアナリティクスを開くと、まず下記のようなホーム画面が開きます。

アナリティクスホーム

2018年9月23日21時19時点のデータです。

これは1週間のデータです。

ユーザ数:21

セッション数:25

セッション継続時間:0分24秒

 

・・・大丈夫か俺?

 

 

さて、細かく見ていきます。

といっても、メニューがたくさんありすぎてわけわかんないですよね。

最初はここにあげる項目くらいでいいと思います。

 

 

※検索期間を選べます。ここでは開設から今日までの記録を見たいので、全期間にしています。

 

広告

ユーザ-概要

ユーザー概要

左のメニューから「ユーザー」を開き、「概要」をクリックします。

とりあえず、初期の段階では以下の3つの指標にだけ注目します。

■全期間のユーザ数:74

→全期間におけるこのページを訪れたユーザ数ですね。

■ページビュー数:244

→訪問したユーザが閲覧したページの数です。

■ユーザあたりのセッション数

→ひとりのユーザ(ここでいうと74人)がこのブログに訪れた回数

■平均セッション時間:0:00:35

→1ページあたり、どれくらいの時間このページを表示させていたか。

 

初期段階では、このサイトの知名度が皆無なので、「ユーザ数」や「ページビュー数」を伸ばし、知名度をあげて、いろいろなページを見てくれることを目指します。

さらに、「ユーザあたりのセッション数」をあげて、ひとりのユーザが再度私のブログを訪問してもらう、つまり私のブログを面白いと思ってもらい、もう一度見に来てもらうことを目指します。

「平均セッション時間」を長くして、このページをじっくり見てもらうことを目指します。長く見てもらう方が興味を持っているということになります。

ユーザ属性-概要

ユーザ概要特性

 

アナリティクスでは「ユーザー属性」として「年齢別」「性別」も表示されます。

この「ユーザー属性」である程度のターゲッティングが正しいかを判定します。

私のブログはターゲットが「40代男性サラリーマン」なので、約半数がターゲットとして合っていることになりますが、もう少し割合を増やさないといけないでしょう。

 

集客-すべてのトラフィック-参照元/メディア

参照元メディア

ここでは、どこのページからこのサイトにたどり着いたかがわかります。

「google/organic」が1位、「yahoo/organic」が3位なので、純粋に検索でたどり着いていることがわかりますね。

このサイトはTwitter以外の外部連携をしていませんので、当たり前といえば当たり前ですね。

もう少し別のところからの流入を考えないといけないかもしれません。

そもそも知名度がなさすぎですね。。

集客-Search Console-ランディングページ

アナリティクスサーチコンソールランディングページ

ここでは、訪問者がサイトのどのページに最初に訪れたかがわかります。

ここでいうと「/small-talk/post-416/」が最も多く最初に訪れたページでということですね。

ちなみに、このページは8月27日作成の「水平思考問題で常識に捕らわれていないかを診断しよう!」というページです。

内容的には「佐藤健」が対談していたときの話題を記載したものです。

では、具体的にはどんなキーワードで検索されたのでしょうか。

集客-Search Console-検索クエリ

検索クエリ

ここでは、あなたのサイトがどんな検索キーワードで検索されたかが表示されます。

想定では「佐藤健」というキーワードが多いと思いきや、佐藤健は第9位となっています。

第1位は「かかるもの交差するもの引くもの」という水平思考問題の問題の文言でした。

これは水平思考問題をどこかで見た人が、その答えを知りたくて検索をしたということでしょうか。

集客-ソーシャル-参照元ソーシャルネットワーク

SNS流入

ここでは、外部のソーシャルネットワークからの流入量を調べることができます。

私はTwitterでのプロモーションしかしていないので、Twitterしかでてきていませんが、FacebookやInstagram等を増やした方がいいかもしれません。

特に私のターゲットとする40代男性はTwitterよりFacebookのほうが効果がありそうです。

 

行動-概要

 

アナリティクス行動概要

アナリティクス「行動」ページでは、ユーザがサイト内でどのような行動をしたかが追跡できるので、より具体的にサイトの課題を見つけやすくなっています。

上に表示しているのは、「概要」ページです。

※黒塗りしているのは、Google AdSenseについて記載をしている個所です。Googleアナリティクスはスクリーンキャプチャを出してもいいことになっていますし、Google Adsenseも問題ありませんが、それは別々に表示をさせなければいけないという規約になっています。

このようにページ別の詳細や、どのページがもっともアクセスがあるかがわかります。

 

まあ、私のページはアクセスが少なすぎて分析するまでもないのですが。。泣

 

行動-行動フロー

アナリティクス行動フロー

 

こちらのページでは、訪問したページからどのページに移動したかがわかります。

つまり、最初に見たページを気に入れば、同じサイトの別のページにも飛びやすくなるということです。

 

 

このように、Googleアナリティクスは無料ながらもここまでの分析ができてしまいます。

この分析をもとに、対策をたてていけば目標とする収益化も実現可能ということですね。

Googleアナリティクス
最新情報をチェックしよう!
広告